暮らしベーシック

  1. Home>
  2. 暮らしベーシック

私たち真宗門徒のき・ほ・ん

礼拝(らいはい)/聞法(もんぽう)/正信(しょうしん)

私たちの浄土真宗

  • 本尊 阿弥陀如来本尊 阿弥陀如来
  • 宗祖 親鸞聖人宗祖 親鸞聖人
  • おつとめおつとめ

宗旨:浄土真宗 宗派:真宗大谷派 本山:真宗本廟(東本願寺)

経典

仏説無量寿経(ぶっせつむりょうじゅきょう)
私たちがお念仏によって生きる歓びを見出す、その根拠が述べられた浄土真宗の根本のお経(きょう)です。生きる歓びとは、「生きとし生いけるもの、すべてと共感し合う世界」をいただくことです。その世界を「浄土」と言います。
仏説観無量寿経(ぶっせつかんむりょうじゅきょう)
「王舎城の悲劇」という歴史事実の中に、念仏によって絶望から立ち上がった女性の姿が具体的に説かれたお経です。
仏説阿弥陀経(ぶっせつあみだきょう)
私たちは、この世界の中で「浄土」をいただきます。それは「浄土を感じる」ことです。その浄土の姿が、このお経には述べられています。

主な書物など

教行信証(きょうぎょうしんしょう)
親鸞聖人が著わされた浄土真宗の根本聖典(こんぽんせいてん)。お釈迦様からご自身にまで伝ってきたお念仏の由来を明かし、苦しみ深い人間が救われていく原理が述べられています。
詳しくは「読みま専科」(オンラインショップ)
正信偈(しょうしんげ)
正しくは正信念仏偈と言います。先述した「教行信証」の中に著わされていて、親鸞聖人のお念仏の教えに出会った感動が述べられています。浄土真宗のご門徒は、朝晩お内仏(仏壇)の前でこれをお勤めし、毎日親鸞聖人のお言葉をいただきます。
詳しくは「読みま専科」(オンラインショップ)
歎異抄(たんにしょう)
聖人の珠玉の言葉を集めたものです。親鸞聖人のお弟子の唯円房(ゆいえんぼう)によって著わされました。聖人の死後、お弟子たちが勝手に聖人の教えをゆがめて言いふらすようになったので、お念仏の同朋(どうぼう)たちに混乱が起こりました。唯円房はそれを歎(なげ)いて、「親鸞聖人の言葉に帰れ!」との願いから、この歎異抄を著わしたのです。浄土真宗の書物では最もポピュラーであり、現代においても高く評価されています。
詳しくは「読みま専科」(オンラインショップ)
御文(おふみ)
親鸞聖人がなくなってから200年後、本願寺の蓮如上人が全国各地の文字の読めないご門徒のために、真宗の教えをわかりやすく書いた手紙(御文)を送りました。地域の代表者は大勢の前でそれを読み上げたのです。御文は読むことを念頭にして書かれた文章と言われています。その影響力は絶大で、本願寺を日本最大の教団に育てました。文書伝道や広報のさきがけと言えるでしょう。日本にやってきたイエズス会の神父たちもこれに影響を受け、日本の信者向けに「どちりいなきりしたん」という平易な説教集を編纂したそうです。
詳しくは「読みま専科」(オンラインショップ)

東京教区の教化テーマ「今、いのちがあなたを生きている」

宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌テーマ「今、いのちがあなたを生きている」を教区教化テーマとしてあらためて掲げ、サブテーマ(組教化テーマ)は各組でお考えいただきました。各組におけるテーマ検討作業において、多くの問題提起が提示され、組内寺院(住職・坊守・門徒会・若手寺族)の意見交換が活発に行われるようになったとの声もいただいております。

同テーマをあらためて掲げる主な理由としては、以下の通りです。

①御遠忌を勝縁とした歩み、真宗再興の願いを継続していくことが大切である。

②御遠忌記念大会をもって教区の御遠忌事業はひと区切りとなるが、このテーマの学びはまだまだ不十分であるので、いよいよ問われはじめたと言ってよい。また現実的にも教区内の各別院でも御遠忌法要が予定されており、これから御遠忌法要を厳修する一般寺院もある今の時期に御遠忌テーマをおろすべきではない。

③本山での御遠忌法要の直前に東日本大震災が起り、震災を機に御遠忌テーマの受け止めが変わったという声も多く聞かれた。家族、教育、政治、経済あらゆる問題の根底に人間そのものの問題がある。東日本大震災から三年が経つが、「復興は遅いが、人々の記憶から忘れさられるのは早い」という被災地からの声をお聞きする中、このテーマを掲げることで、震災から問われた、人間そのものを見つめ直す視座を顕かにしていきたい。