仏事作法の疑問? こまったを解決

お通夜・葬儀
生のみが我らにあらず、死もまた我らなり我らは生死を併有するものなり

私たちは、今生きてあることにのみ私があり、人生があると考えます。しかし、お釈迦さまは、私の人生の中に、生もあり、また死もあるのだと教えられています。
その「いのちの事実」に立って、自らの人生を受け止め、そして歩めと、亡き人が教えてくれているのです。
私がそのことに向き合える機会として、真宗の葬儀があるのです。

記事一覧

仏事一口メモ