心にじぃーんと法話

お坊さんの如是我聞

心に残る法事

法事でお勤めをした後、通常は法話をします。それは大人を対象にした話なので、いつも一緒に参列しているお子さんが退屈そうにしていることに心苦しいものがありました。お勤めが終わり少しの沈黙があると、たいてい小さな子の「もうおわった?」とか「もうかえろ」という声が後ろから聞こえてきます。そのたびに振り返って「ごめんね。もう少しだから待っててね」と苦笑いしながら言ってきました。子どもにしてみれば“時々黒い服(間衣)に輪っか(輪袈裟)を着けた人が変な歌(お勤め)を歌ってつまらない話(法話)をしてお茶を飲んで帰っちゃう”程度にしか見えないのかもしれません。

そんな状況をどうにかできないものかと、ここ数年はお子さんがいる場合絵本を読むことにしています。絵本は特に仏教色の強いもの、メッセージ性のあるものということにはこだわらず選定しています。

するとお勤め中、部屋の隅でつまらなそうな顔をしていた子が絵本を読む際は一番前に出てきてくれるようになりました。「ねえ、おぼーさん」と話しかけてくれる子、念珠を持って一緒に合掌してくれる子もいます。「明日お坊さんが来るよ」と知らされると、前日から興奮している子もいるそうです。次はどんな絵本を読んでくれるのかと期待されるのはちょっとプレッシャーですが、喜んでくれる子がいると思うとなんだか法事をする私までワクワクしてきます。

よく伺う家の法事でのこと、いつものようにお勤めをして、絵本を読もうと後ろを振り返ったら、小さな子がこちらにやって来てちょっと照れた顔で「これ、あげる」と言って白い紙を渡されました。そこにはお勤めをしている私の姿が描かれていました。どうもお勤め中に後ろからガリガリ音がするなと気になっていたのですが、絵を描いていた音だったようです。そこには短時間にもかかわらず輪袈裟の模様や衣の形などがしっかり表現されていました。その絵は私の部屋に今でも飾ってあります。

仏法を伝えるのはもちろん大切です。しかし、まずその前にお互いの関係が開かれていなければ伝わらないのだなと気づかされた出来事でした。子どもたちの心にも残るような法事がしたいですね。

文柳澤 徳生(やなぎさわ のりお 神奈川県横浜市 最勝寺)

  • 前へ
  • 次へ
  • 如是我聞一覧へ