しんらんさまめぐり

  • 全体地図・一覧
  • HOME
桂の木 エリアマップに戻る
伝説【木】
建暦2年(1212年)、親鸞聖人が 戸隠参詣の際、荒倉山に登り、鬼女紅葉遺跡を見聞した。その帰途に杖として使った桂の木を植えたものと言われている。葉を香にたくと上品な香りを漂わし、「お香の木」とも呼ばれている。
  • 詳細の紹介文をPDFで見る
  • Google Mapで詳細地図を確認する

住所 長野市戸隠
お問い合わせ TEL :