知る・学ぶ 親鸞聖人

  1. Home>
  2. 知る・学ぶ 親鸞聖人

親鸞聖人とは

親鸞聖人(1173年〜1262年)の生涯
9歳で出家得度し、比叡山にて修行。修行に努めるも、さとりを得られない自身に苦悩する。
29歳 京都六角堂にて、観音菩薩より夢告を受け、比叡山を下りて法然上人のもとへ。法然上人の念仏のおしえに帰依する。
35歳 専修念仏禁止の院宣により、師法然上人は土佐・親鸞聖人は越後へ流罪。越後での生活中に法然上人はお亡くなりになり、師との再会は果たせなかった。その後、越後・関東の地で、法然上人より受け継いだ念仏のおしえを広める。
60歳を過ぎてから京に戻り、主著『教行信証』、『和讃』等、念仏のおしえを伝えるために、数多くの著作を執筆。その間も、関東の門弟の動揺・息子善鸞の義絶など、心揺さぶられる出来事に直面する。
1262年11月28日 90歳で入滅。
親鸞聖人のご生涯は、苦悩が尽きることがありませんでした。そのような生涯を生き抜かれたのは、法然上人との出遇いを通して、阿弥陀如来に出遇われたからです。親鸞聖人は、阿弥陀如来に出遇えたことに感動された方であり、その感動をみんなに伝えたいと情熱を持って生き抜かれた方です。聖人が出遇われた、私を生かすいのちに触れてみましょう。
宗祖 親鸞聖人

宗祖 親鸞聖人

しんらんさまは関東の地で布教活動をされていました。その時の伝記が多く残されています。
しんらんさまの歩まれた足跡や史跡・伝説を、画像またはあなたの足でたずねてみてください。

  • しんらんさまめぐり:史跡・伝説をたずねて
  • しんらんさまめぐり:足跡をたずねて

文禿 信敬(かむろ しんきょう 真宗大谷派東京教務所 所長)