しんらんさまめぐり:史跡・伝説をたずねて

親鸞聖人の足跡は、御旧跡と言われる寺院に遺されているいくつかの書籍を通して知ることが出来ます。しかし、そのことだけではなく、親鸞聖人の足跡が、地域に伝わっている史跡や、人びとの間に伝わってきた伝説・伝承として、今日まで遺されていることは、あまり知られていません。
伝説・伝承は、荒唐無稽の作り話のような事柄と思われるかもしれませんが、親鸞聖人に出遇い、あるいは親鸞聖人の言葉に出遇い、真宗の教えを生きる「よりどころ」として、大切に伝えてきた人々によって、語り継がれてきたものです。地域によって様々ですが、それらの伝説・伝承を通して、民衆の苦悩に寄り添った親鸞聖人のお姿が伝わってきます。
悩み多き今、大切に伝えられてきた伝説・伝承を通して、宗祖のお心をいただく機縁となることを念じております。
茨城・千葉エリア 神奈川エリア 東京・埼玉エリア 栃木・群馬エリア 長野・山梨エリア

親鸞聖人の足跡や伝記・伝承の地一覧